ハイエース3型HIDを4型H4ハロゲンにフェイスチェンジとTRD風オフロード系バンパースポイラー取り付けへの道 準備編

Pocket

TRDからハイエース用にオフロード系のフロントバンパースポイラーが発売されています。

このバンパースポイラーがかなりカッコよく、発売当初からずっと目をつけておりました。

私のハイエースは3型後期なのですが、なんとか取り付けできないものかと考えたりしてましたが、このスポイラーは、バンパーの形にぴったりとハマるようにできており、3型と4型以降ではバンパーの形状が変わっているため、4型以降のハイエースにしか取り付けできません。

それならばとこれと似たようなオフロード系のバンパーで、3型に取り付けられるものはないかと探しましたが見つけられませんでした。

なので、この際4型にフェイスチェンジしてしまおうと思い立ち、コツコツとパーツを買い集めてやってみました。

なお記事の内容については、間違っている情報があるかもしれませんので、情報のご利用はくれぐれも自己責任でお願いいたします。

ハイエースはさまざまなバリエーションがあり、この記事の情報、部品番号などがすべての車に合うとは限りませんので十分ご注意ください。

3型HIDから4型H4ハロゲンへのフェイスチェンジで、私が準備したパーツは以下のものです。

スポンサーリンク
パソコン用336×280

1.4型フロントバンパー

ヤフーオークションで純正品を送料含め約20,000円で落札。競らずに落札できました。

カラーナンバー070のホワイトパールで、取り付けステーが割れていない、なるべくきれいなものを選んで入札しました。

純正品タイプ(社外品)ものは一万円以下で売られていましたが、塗装の精度などハズレを引きたくなかったので純正品にしました。

【楽天スーパーSALE割引商品】ハイエース 200系 4型 標準 ハロゲンヘッド フロント フェイス 7点 セット Ver,3

価格: 27,900円
(2021/08/30 15:12時点 )

2.ヘッドランプ(ヘッドライト)

私は純正のH4ハロゲンにしました。

選択肢としては以下の4つがありました。

純正LED

第一希望は純正LEDでしたが、需要が多いためか、ヤフーオークションでも価格が高い。

また、事故車から取っているためか左右別出品が多く、仮に安くて良いものが片側落札できたとしても、もう片側が落札できなかったら使えないので入札を躊躇してしまいます。(故障などで片側だけ欲しい方には良いのでしょうが。)

しかも、LEDの心臓部のコンピューターがついていない出品がほとんどで、仮に落札できても別でコンピューターも手に入れなければならない、コンピューター付き左右セットのものは10万円超えはあたりまえ、といった状況なので、早々にあきらめました。

純正H4ハロゲン

私が調べた限り、選択肢の中でおそらくこれが一番安く手に入ります。

しかも、まず故障することはないでしょう。水漏れの心配もほとんどないと思います。

信頼と実績のトヨタ純正部品です。

ただ、私の中でかっこよさでは一歩劣っていますので悩みました。

最終的には、見た目はあきらめ、故障や水漏れの心配のないこれに決めました。

(後に実際取り付けて見てみると、思っていたより悪くありませんでした。)

ヤフーオークションで探したところ、スタート価格は状態によりますがほとんどが左右セットでも1万円以下!

なので、「安く買えるかも。」と思ってしまうのですが、終了間際になるとライバルが突然現れ、みるみるうちに価格が上がっていきます。

最初は1万プラス送料数千円くらいで落札できるだろうと考えていたのですが、何回かの入札で競り負け、それでは無理だと悟り、良いものがあればとことん競ることにしました。

結局、送料込みで22,000円ほど。2万円を超えました。

でも、他の選択肢や信頼性をトータルで考えたら割安ではないかと思います。

3型HID(4灯)から4型H4ハロゲン(2灯)にする場合の注意点

3型ヘッドライトを4型ヘッドライトにするには、カプラーの形状が違うなら配線加工が必要です。

特に3型HIDからH4ハロゲンに変更するためには、単純に「切って繋げる」だけではない配線加工が必要です。

ハイエース3型HIDヘッドライトは、HIDバルブがロー、HB3バルブがハイで4灯式(1台にバルブが4つ)です。

H4ハロゲンのヘッドライトは、H4バルブ1つでローとハイを切り替えますので2灯式となります。

3型HIDヘッドライトは、ローとハイのバルブそれぞれに+-の配線が来ていて、ハイビームに切り替えてもロービームも同時に点灯するようになっています。(ロービームは消灯しない)

H4ハロゲンのヘッドライトは、H4バルブ内にロービームのフィラメントとハイビームのフィラメントがあり、ハイビームにするとロービームのフィラメントは消灯し、ハイビームのフィラメントが点灯する仕組みになっています。(ローとハイが切り替わる)

H4バルブのロービームのフィラメントとハイビームのフィラメントは同時に点灯しません。(私調べでは、同時に点灯すると加熱しすぎて危険らしいです。)

3型HIDは、ハイビームにしてもロービームは点灯したままになるような電気の流れになっているため、単純にローとハイの配線をカットし、H4カプラーにつなぐだけではダメだと私は考えています。

ハイビームにしたときに、ロービームへは電気が流れないようにしなければなりません。

この配線加工については、作業編で書きたいと思います。

2021.09.13 作業編その1を書きました。

ハイエース3型HIDから4型H4ハロゲンへフェイスチェンジへの道 作業編 その1 4灯ヘッドライトを2灯にするためのハーネス作成は、こちら → https://sore-do-yo.com/buy/hiace-harness

社外品 純正タイプLED

見た目は純正LEDとまったく同じで、4万円程度で購入できるようです。

ですが、故障や水漏れなどの保障がなく、私の場合は「フェイスチェンジ」に使用するので、もし万が一故障でもしたらヘッドライトは3型のものしか持っていないので、3型にフェイスに戻さなければなりません。

また、おそらくこのヘッドライトを購入する人は、H4ハロゲンヘッドライトのハイエースに乗ってる人なので、コネクターがH4になっています。

3型HIDの車両に取り付けるには配線加工が必要です。

CRS 【4型フェイスチェンジ用】 4型LEDルックハロゲンヘッドライト■クロームシーアールエスESSEX エセックス200系1型2型3型用ハイエースレジアスエース

価格: 56,870円
(2021/08/30 15:19時点 )

社外品 各メーカーオリジナルのデザインのもの

LEDデイランプ付きのものなどがあり惹かれましたが、社外純正タイプと同様、ハズレを引くと水漏れや突然LEDが不点灯になる、光軸の関係で車検に通らない可能性があるなど、良くない情報も目にしましたので、万が一を考えやめました。

フェイスチェンジ用1個目のヘッドランプとしては購入しませんでしたが、今後は故障しても純正ハロゲンがあるので、お金に余裕ができたら購入してみたいと考えています。

3.ロアグリル(ラジエーターグリル)

バンパーのぽっかり空いた穴に入れるグリルです。

品番は53112-26070でした。

ヤフオクに出品されているバンパーは、なぜかこのロアグリルがないものが多いです。

わざわざ外して出品しているのはなぜでしょうか。

バンパー交換の際に、社外品バンパーの方へ移植が必要なのでしょうかね。

ヤフオクで送料含め3,000円程度で購入できました。

4.フロントフロアクロスメンバー

画像上が今回購入したものです。純正パーツです。

品番は、57053-26030でした。

価格は3,500円くらいでした。

画像下は、現在の車両についていたものです。購入したものと形状や穴の位置が微妙に違います。

交換すると4型バンパー側のステー位置と合うようになり、バンパーが取り付けられるようになります。

このパーツもネットで探すと社外品がありましたが、通販で買う場合、送料も含めると価格はほとんどかわらなかったため、私は純正部品にしました。

「ハイエース クロスメンバー フェイスチェンジ」などでネット検索すれば、いろいろ出てくると思います。

レジアスエース用 『フロント』フロアクロスメンバのみ 57053-26030 KDH201 トヨタ純正部品

価格: 4,626円
(2021/08/30 15:29時点 )

5.フォグランプカバー、フォグランプマウンティングブラケット

最初は、フォグランプは普段使っていないし値段が高そうなので、ひとまずフォグランプなしにしようと考えていました。

バンパーにはフォグランプ取り付け用の穴があいているので、穴を埋めるフタ(のような部品)のみを純正部品で購入するつもりでした。

ですが、私の乗っている3型と4型のパーツカタログを見比べていたところ、フォグランプの「ランプ部分」は同じ品番であることを発見しました。

ということは、4型バンパー用のフォグランプマウンティングブラケットとフォグランプカバーがあれば、現在の車両のフォグランプのランプ部分を取り外して、それを4型バンパーに取り付けることができます。

ランプが無駄にならないし、ブラケットとカバーのみならばさほど高額にならないと思ったのでフォグランプを付けることにしました。

(もしかしたら3型でも品番違いのフォグランプがあるかもしれませんのでご注意ください。)

  • ブラケットフォグランプ 右 運転側 81481-26110
  • カバーフォグランプ 右 運転側 81481-26120
  • ブラケットフォグランプ 左 助手席側 81482-26110
  • カバーフォグランプ 左 助手席側 81482-26120

4部品合計で6,000円ほどでした。

画像右のものはランプ組み立て済みです。

現在の車両からランプ部分を取り外すのに少々苦労しました。

作業編で詳しく書きたいと思います。

フォグランプなしにする場合は、私調べではおそらく左右のカバー(蓋をする部品)の部品代が合計で3,000~4,000円の間くらいになると思います。

6.フロントグリル

純正フロントグリルは、トヨタパーツカタログを見ると、ラジエータインサイドグリル、ラジエータグリルUPR、ラジエータグリルプロテクタという3つのパーツから構成されているようで、購入が面倒だったのでポン付けできる社外品を購入しました。

アマゾンで下記のものが安かったです。

あえて未塗装ブラックにしてみました。

届いたものは、ゆがみなどなく、取り付けは問題ありませんでした。

パーツ表面の質感は、車のバンパーなどでよく使われている塗装してない樹脂むき出しのあの材質に近かったです。

私としてはパーツに見た目の安っぽさは感じませんでした。つや消しブラックのグリルという感じで自己満足しています。

7.ヘッドランプを4灯から2灯にするためのリレーやカプラーなど

ヘッドランプのところで書きましたが、3型HIDを4型H4ハロゲンにするためには配線加工が必要です。

リレーは、ハイビームにしたときにロービームが消灯するように配線するために必要です。左右1個ずつ計2個使います。

エーモンコンパクトリレー5極を使いました。

カプラーは、今後のヘッドライト着脱などメンテナンス性をよくするために純正と同じものを使いました。

車両側の配線をカットしたくなかったというのもあります。

部屋の中でハーネスを作ってしまえば、カプラーを買い集めるのは面倒かもしれませんが、こちらの方が作業は楽ではないかと思います。

車両の方では配線を繋ぎ変えるだけで済みます。

  • 住友電装090型 TS 防水4極カプラーのオス、端子のセット→車両側から来てるロービームとポジションの配線とつなぐ用
  • 住友電装090型 TS 防水2極カプラーのメス、端子のセット→4型H4ハロゲンヘッドランプ本体側のポジションとつなぐ用
  • HB3/HB4用防水カプラーのオス、端子のセット→車両側から来てるハイビームの配線とつなぐ用
  • 矢崎総業305型 旗型メスカプラー端子セットH4ヘッドライトコネクター→4型H4ハロゲンヘッドランプのH4バルブとつなぐ用

これら4種類のカプラーとリレーをエーモンの配線コードでつないでハーネスを作りました。

住友電装 090型 TS 防水 4極 オスカプラー・端子セット タイプ1

価格: 266円
(2021/09/07 10:54時点 )

↑カプラーはこういうところで買えます。しっかりと車両の現物と画像を確認して購入することをおすすめします。

詳しい作業については、作業編で書きたいと思います。

2021.09.13 作業編その1を書きました。

ハイエース3型HIDから4型H4ハロゲンへフェイスチェンジへの道 作業編 その1 4灯ヘッドライトを2灯にするためのハーネス作成は、こちら → https://sore-do-yo.com/buy/hiace-harness

8.TRD風オフロード系バンパースポイラー

もともとこれを取り付けたくて始めたフェイスチェンジ計画です。

色々なところから似たようなものが発売されており、価格も様々ですが、スポイラーの下の方がシルバーに塗り分けられているものを探しました。

通販で1万円くらいで下記のものを購入しました。

ハイエース 200系 4型 5型 6型 標準ボディ用 LEDデイライト付き フロント バンパーガード オフロード仕様

価格: 9,980円
(2021/08/31 17:11時点 )

TRDのものよりもかなり安いですが、ものとしては悪くないです。

取付説明書が入ってませんでしたので、ネットで検索したらTRDのものが見れたのでそれを参考にしました。

取り付けてみましたが、全然安っぽさはないと思います。

LEDデイライトに関しては故障の不安があり、今後どうなるかわかりませんが今のところちゃんと点灯しています。

LEDデイライトの部分は、念入りにブチルゴムで防水処理しました。

防水処理や取り付け作業などは作業編で書きたいと思います。

9.その他

私の場合、ボルトやピンなどは追加で購入したものはなく、現在の車両から取り外したものをそのまま使用しました。

一部情報では、今回紹介したパーツの他に「フロントパネルメンバリインホース」の右と左が必要とありましたが、このパーツに関しては、なくても一応できるという感じでした。

フロントフロアクロスメンバーの両端あたりに取り付けるパーツで、バンパー取り付けのステーになるようなパーツのようです。

4型バンパーのロアグリル部分に3つのボルト穴があいていますが、その右と左の穴にボルト留めするための部品のようです。

私の場合は、このパーツを交換しませんでしたので、ロアグリル部分は真ん中1本でボルト留めしています。

バンパーはこのボルト以外にもピンやツメで留めていますので、ガッチリ取り付けられているとは思っています。

ただ、あった方が良いのは間違いないと思いますので、なるべく早く交換しようと考えています。

おわりに

以上、ハイエース3型から4型へのフェイスチェンジにあたり、私が準備したパーツを紹介しました。

あくまでも私が準備したパーツですので、他の車では合わないことがあるかもしれません。

情報のご利用は自己責任でお願いします。